Androidも人気

日本国内のスマートフォンシーンはiPhoneが牽引していますが、世界ではそのほかにAndroidも根強い人気があります。そのため、現在のスマートフォンはiPhoneとAndroidの二強時代と言えるでしょう。AndroidはGoogleが開発を行っているモバイルオペレーティングシステムで、2003年にAndroid社によって開発されました。そして、2005年にGoogleがAndroidを買収したのです。

そして、Androidはサードパーティが独自にカスタマイズ可能となっており、同じAndroidスマートフォンだったとしてもさまざまなユーザーインターフェースがあります。さらに、iPhoneと同様にタッチスクリーンによる操作となっており、誰もが直感的に操作が可能です。そのほかにジャイロスコープ、GPS、加速度計などの機能も追加されており、これらを利用したアプリケーションが数多くリリースされています。

また、AndroidはGoogle Playがインストールされており、こちらからアプリケーションをインストールします。しかし、こちらを経由せずともインストール可能になっており、数多くのアプリケーションが存在しているのです。

Copyright © これまでのスマートフォンを考える, All rights reserved.