スマートフォンの歴史

スマートフォンは私たちの生活を支える存在となっており、「携帯電話=スマートフォン」という認識を持つ方も多いことでしょう。特に仕事に忙しいビジネスマンや10代20代の若い世代は当たり前の存在となっています。そして、これまでの携帯電話はフィーチャーフォンやガラケー、二つ折り携帯電話などと呼ばれるようになりました。

スマートフォンという言葉には明確な定義がありませんが、一般的にアプリケーションが使用出来るかどうかということでしょう。これまでの携帯電話は通話、メール、インターネット閲覧などの機能に限られており、自分の用途に合わせて機能を追加することが出来ませんでした。しかし、スマートフォンは自由にアプリケーションをインストールすることが可能で、これによって自分の使いやすいようにカスタマイズすることが可能なのです。

そして、かつてのスマートフォンは性能がそれほど高くありませんでした。そのため、使用出来るアプリケーションにも限りがあったのです。しかし、近年のスマートフォンは性能が向上しており、一般的なパソコンにも負けないレベルのアプリケーションが利用可能となっています。さらに、スマートフォンは持ち歩くことが前提となっていますので、より生活に密着したアプリケーションがリリースされています。これによって、今までパソコンを使用する機会の無かった方からも利用されるようになったのです。こちらではスマートフォンの歴史や機種について解説いたします。

Copyright © これまでのスマートフォンを考える, All rights reserved.